見直す必要性に気付く

人生において重要な意味を持つ保険選び、そしてその保険を見直すことのできる保険見直し、それが重要であるという点を取り上げました。見直す、と言っても自分だけで行っているのでは、過去の決定となんら変わらない決定を下し、そもそも変える必要はない、と決めつけてしまうかもしれません。

もちろん今加入している保険がベストならそれに越したことはないのですが、より専門的で正しい判断が欲しい、という場合には全国にいるファイナンシャルプランナーに相談したり、そのFPが所属する各種保険相談窓口や訪問依頼をして相談をしてみるのも良いかもしれません。私達が普段考えない視点から、保険を考えることができるようになるでしょう。それは、保険の決定をするうえでも非常に重要な材料となります。

保険に入るということは、私達が将来の生活において良い準備ができているということを体現するものかもしれません。かといって、保険に必ずしも加入することが正しい、とも言い切れません。その出費によって今現在の家計が必要以上に圧迫されているなら本末転倒です。その点において、私達は保険を選ぶときバランスの取れた見方をするなら、良い決定ができて、良い保険が選べることでしょう。

〔参考リンク〕保険ゲート:生命保険見直し申込