見直す必要性に気付く

人生において重要な意味を持つ保険選び、そしてその保険を見直すことのできる保険見直し、それが重要であるという点を取り上げました。見直す、と言っても自分だけで行っているのでは、過去の決定となんら変わらない決定を下し、そもそも変える必要はない、と決めつけてしまうかもしれません。

もちろん今加入している保険がベストならそれに越したことはないのですが、より専門的で正しい判断が欲しい、という場合には全国にいるファイナンシャルプランナーに相談したり、そのFPが所属する各種保険相談窓口や訪問依頼をして相談をしてみるのも良いかもしれません。私達が普段考えない視点から、保険を考えることができるようになるでしょう。それは、保険の決定をするうえでも非常に重要な材料となります。

保険に入るということは、私達が将来の生活において良い準備ができているということを体現するものかもしれません。かといって、保険に必ずしも加入することが正しい、とも言い切れません。その出費によって今現在の家計が必要以上に圧迫されているなら本末転倒です。その点において、私達は保険を選ぶときバランスの取れた見方をするなら、良い決定ができて、良い保険が選べることでしょう。

〔参考リンク〕保険ゲート:生命保険見直し申込

保険の種類とは?

そもそも保険はたくさんの種類があります。ですから、ある程度自分に合ったもの、自分の家計に合ったものというのは、見つけるのは難しくありません。誰もが加入しているような、それでいて自分が納得した保険に加入することはできるでしょう。しかしそれが、本当に私達にとってベストな保険と言えるかどうかは、また別のことです。私達がベストだと思っていても、それは単に私達が思っているだけで、本当はもっとベストな選択肢があるかもしれないのです。
 
例えば、今現在加入している保険があって、その保険に毎月1万円くらいの保険料を支払っている、としましょう。加入当時はその保険の補償内容に魅力を感じたかもしれませんが、あとあとになって考えてみると、確かに保障は充実しているが、実際は必要以上に『充実しすぎている』と思うかもしれません。先進医療への対応がなされているのは良いですが、実際に将来そういったリスクに遭う可能性は少ないでしょう。
 
保険料を約半分くらいに抑えて、必要最低限の保障をしてくれる保険に加入する、というのも選択肢かもしれません。本当は自分にとっては、そちらの方がベストな選択、と言えるかもしれません。ここに、保険見直しの重要性があります。

なぜ保険に加入したか?

今現在そもそも保険に加入しているという方は多いと思います。保険に加入する必要性を感じるタイミングというのもいろいろありますが、社会に進出したり、結婚したり、子どもができたり…そういったタイミングで生命保険等に加入したという方も多いでしょう。そういった転換点が訪れても、保険には敢えて加入していないという方もおられるかもしれません。
 
保険に加入するメリットはやはり金銭的な面での準備をしておけるということです。将来私達は健康に暮らせていれば良いですが、いつ病気になったり大けがをしてもおかしくありません。誰も将来のことに確証を持って言えないので、そういった時必要になるお金を保険に加入しておくことによって用意しておくのです。そうすることで、入院費や治療費、手術費用などが保障されることになります。ただ、どの保険も全ての症状や病気に対応してくれるという訳ではありませんから、必要に応じてよりリスクの高い病気等への対応ができる保険に加入するということが求められます。
 
また、貯蓄型の保険というのもあり、保険の役割そのものと、将来まとめてお金を受け取れる貯蓄の役割両方を果たす保険があります。そういった保険も選択肢になるでしょう。